なんでもつくれる

欲しいはつくれる

業務用3Dスキャナーのメンテナンス

産業用の3Dスキャナーは精度の高いスキャンが出来ます。

しかし、ちゃんとメンテナンスしていないと

スキャン精度が下がったり、スキャンが出来なくなってしまいます。

AKIBAで働き始めてもう、1ヶ月。ルーチンにもなれたところで

そろそろメンテナンスも覚えようという事に。

というわけで、今日はこちら

業務用の高精度3Dスキャナーのメンテナンスを教わりました。

ここではCポジションでの運用。

投影装置の焦点合わせ

それから、キャリブレーションという作業もあります。

何かというと、部屋の環境光(照明など)の影響を補正したり

カメラやスキャン台の位置等の微調整を行う作業です。

2つのカメラからの距離、焦点合わせ、

絞りの調整

付属のキャリブレーション用のパネルを使っての補正など。

こういったメンテナンス作業を行う事で

精度の高いスキャンを行うことが出来るようになります。