なんでもつくれる

欲しいはつくれる

FDMもここまで綺麗に。PolySmooth & Polysher を早速レビュー その③ 加工編

FDM方式の悩み、造形物の段差を勝手にきれいにしてくれるという PolySmooth & Polysherが届いたので早速、実力を検証してみました。

いよいよ、加工開始です。

それでは処理開始ー

蒸気の放出が始まりステージも回転します。

んで、なぜかライトアップまで(笑)

完全にアヤシゲな雰囲気で一同爆笑(二回目 f:id:asatoc:20170527180543j:plain

中にエタノール白い蒸気が充満 (写真だと伝わり難いですが結構霧が出ます。) f:id:asatoc:20170527180556j:plain




〜約30分程ひたすらぐるぐる回ってます〜


加工終了するとエタノール蒸気の回収が始まります。 ほんの2−3秒ですっと霧がなくなります。結構早い。

f:id:asatoc:20170527180604j:plain

蒸気がなくなったらオープン。

エタノール蒸気が出てくるので、吸っちゃうと噎せます。

あまり顔を近づけないように。

f:id:asatoc:20170527180610j:plain

ステージは結露したエタノールで濡れてました。

この状態だと、素材表面は溶けてドロドロ。

絵の具というか、ボンドみたいになってます。

中もエタノールを吸ってふにゃふにゃに柔らかい状態。

触ったりぶつけないように注意しながら乾燥させます。

f:id:asatoc:20170527180630j:plain

片付け

長期間使わないときはスポイトで残ったエタノールを回収して 何か密閉できる容器に詰めて保管します。

また使う場合は網付きのフタを外し、密閉用のフタに入れ替えます。 これで残っているエタノールが揮発しにくくなり、また使いまわせるとのこと。

f:id:asatoc:20170527180649j:plain